人に会う旅をするメディア 点とてん 点とてん

松川竜道

美容師/焼肉店オーナー

松川さんは、表参道でフリーランスの美容師として働きながら焼肉店のオーナーを勤め、YouTubeでも自身の活動を発信したりと様々なことにチャレンジするマルチな才能を持った方です。今回はそんな松川さんに美容師になったきっかけから、挑戦の幅を広げていった理由についてのお話をお聞きしてきました。

やりたい事とか、好きな事を見つけるってすごく難しいと思うんですが、本気でやっていたらいつの間にか好きになっていました。

色々な事にチャレンジして、マルチな活動をされている松川さんですが、そもそも美容師になったきっかけからお聞きしてもいいでしょうか!

最初から美容師になるために美容学校を目指していた訳ではなくて、高校卒業後は大学に行こうと思っていました。でも志望校を落ちちゃったんです。もう一年浪人しようかなと思っていたんですが、仲良くしていた友達がネイルの学校に行くって言い出して。もう1年受験勉強するの大変そうだし、じゃあ僕も美容学校入ろう!ってなってついて行きました(笑)

元々美容に興味があった訳ではなかったんですね。

そうですね、そこまで意識は高く無かったです。で、美容学校に入ったんですが友人は別にやりたい事ができてすぐ辞めちゃって、僕一人取り残されました・・・

お友達辞めちゃったんですか・・!松川さんはその時辞めようと思わなかったんですか?もう楽しくなっていたとか。

いや、正直楽しくはなかったのですが、一回始めたことだしどうせやるならちゃんとやってやろう!って思って美容学校に通っていました。そうして2年間学校に通ったあと美容室で働きだしました。

やり始めてから徐々にスイッチが入っていったんですね。

そうですね、続けていたらだんだんやる気になって、他の人に負けたくないっていう気持ちになっていきました。なので美容師になってからは、下積みの時代も結構真剣にやってました。

なるほど。美容師さんの下積みって大変なそうなイメージありますが、どんな事をされていたんですか?

美容師になって一番最初って「キャッチ」みたいな事をしないといけないんです。知らない人に街中で声をかけないといけないので、「別に自分はそんなパーティーピーポー気質じゃないし・・・」って思っていました。結構辛かったんですが、休まずに頑張って1ヶ月で100人お店に呼べた事もあります。

100人ですか・・!1日あたり3人以上ってすごい頑張りましたね・・。

今考えるとよく頑張ってたなと思います・・。カットの練習も毎日毎日夜遅くまでやっていました。やりもしないアフロの練習をさせられたりとか。アフロのお客さんなんてほとんど来ないのにですよ!?(笑)

たしかに、アフロのお客さんを担当する機会ってなかなか無さそうですもんね(笑) それでも何故そんなに頑張れてたんですか?

同じ美容師ではなくて、全然違う仕事をしている友人に絶対負けたくないって思っていたので、それが原動力になってたんじゃないかなと思います。「美容師って大変そう」だとか「給料安いんでしょ?」とか言われるのが悔しくて、見てろよ・・・!!って思ってました。若かったんで、ギラギラしてたんだと思います。でもそれから少しして、そこの会社辞めちゃったんですよ。

え?すごいストイックにやっていたのに・・??

震災がおきたのがきっかけで、給料がガクッと落ちたんです。月5万になりました。

何でですか??

本当ですよね。僕も何でですか?って言いました(笑) 結構頑張っていたのに、それだけ給料が下がるってなったのが虚しくなって、オーストラリアに行く計画を立てていました。日本はきっと向いていないんだって思ったんです。

たしかにそこまで下がると流石に辛いですよね・・。美容師はもう辞めようって思っていたんですか?

いえ、美容師を辞める気はありませんでした。「好きなもの」を見つけるのって難しいけど「続けていたら強制的に好きなものになる」って何かの本で読んだことがあるんですが、まさにそんな感じでした。いつの間にか美容師が好きな仕事になっていて、もう逃れられない感覚がありました。

ではオーストラリアで美容師を続けようとしていたんですね。

そうですね。でも結局オーストラリアには行ってないんです・・。私が辞める前に転職していた先輩から、うちの美容室で一緒に働かない?ってありがたい事に声をかけてもらえて。当時は「いや、僕オーストラリア行くんで(笑)」って断っていたのですが、人手が足りないから2ヶ月くらい手伝ってくれないかって相談されたんです。最初は2ヶ月なら良いか!と思って働き出したんですけど、やりだしたらまた熱が入っちゃって・・・。それからもう8年経っています。

もし将来100人を雇うことができたとしたら、その時の自分はどうなってるんだろうと考えるとワクワクします。

それからフリーランスになったのにはどんな理由があったんですか?

前勤めていた会社の人とか環境に不満があった訳ではなかったのですが、美容師として働きながらも、もっと色々な事にチャレンジしたくなったんです。最初は会社で働きながら自分個人のホームページを作って、担当したお客さんの写真を掲載していました。

なるほど。会社に所属しながらフリーランス活動に近い事を始めていたんですね・・!

そうかもしれないですね。独立してからは元々ファンだったYouTuberの方に直接アポをとってカットを担当させてもらったり、お客さんをカットした動画を撮影して自ら発信するようにもなりました。≫美容系マツカワチャンネルはこちら

【31cm超バッサリ】妻をカットして素敵ヘアに【ヘアドネーション 】
【31cm超バッサリ】女子高生はじめての【ヘアドネーション】

たしかに、それは結構なフットワークの軽さも必要そうですし、会社に属していてはなかなか難しそうですね。

そうなんです。会社に所属している美容師が個人で発信するというのは、これからだんだんと認められてくるんじゃないかなとは思うのですが、僕が独立した時はちょっと難しかったですね。

では、フリーになってやりたい様々なチャレンジの中に焼肉屋さんのオーナーも入っていたんですか?

いえ、焼肉屋さんのオーナーは会社に所属している時からやっていました(笑)

松川さんがオーナーを務める焼肉きん肉屋(東京都練馬区)

そうなんですか!ただでさえ忙しいのに・・。何がきっかけで始めたんですか?

父が飲食店を経営していたこともあり、元々飲食業界に興味があったんです。学生時代は美容学校に通っていましたが、いつか飲食と美容を絡めたいなって漠然と考えてて。似たような考えを持っている友人が何人か居たんですけど、大人になってから「飲食店をやりたい!」って思った時期がたまたま重なったんです。

でも、「やりたい!」といっても分からないことだらけですよね・・?

そうですね、最初は分からない事だらけでした。色々な業者さんに話を聞きながら少しずつ進めていったという感じです。街にあるお洒落な飲食店をベンチマークにしていたんですけど、予算オーバーで諦めたものも結構あります。相談してみて始めて、何かを作るのにこんなにお金がかかるんだ!って分かったんですが、沢山学びがあったのでやって良かったと思っています。

たしかに。そんな経験をしている美容師さんはなかなか居ないですよね。そこまで色々な事に挑戦するのに何か理由はあるんでしょうか・・?

理由ですか・・。元々飽き性で色々な事に興味がいきがちだったというのもあると思うんですが、そうやって経験を積んでいった先で、自分がどんな人間になっているのか気になるんです。今はフリーになってアシスタントの子を一人雇っていますが、もし自分が将来100人を雇ったとしたら・・。きっと凄い力がついているはずで、それを考えるとってもワクワクします。

きっと自分の可能性や限界を見たいという事なのでしょうね。2020年もやりたい事が沢山あると思いますが、最後に今年の目標を教えてください!

今年もサロンワークをしっかりやりつつ、自身のサイトやYouTubeでの発信も沢山の人に届くように努力をしていきたいと思っています。2020年もどうぞよろしくお願いします!

松川竜道

美容師/焼肉店オーナー

美容師として働きながら焼肉店のオーナーを勤め、自身のYouTubeチャンネルでも発信している。

tentoten
tentoten